マッサージ求人 リフレッシュセンター公式ブログ TOPへ

マッサージ求人 リフレッシュセンター公式ブログ 導入店舗をお探しの企業様へマッサージ求人 リフレッシュセンター公式ブログ お客様ご意見窓口

カレンダー

2015年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク

Rss

  • My Yahoo!に追加 My YAHOO!!に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Subscribe with livedoor Reader
  • rss
  • HOME >お客様満足度向上> 事例から学ぶ!現場対応力UPセミナー(1)

    事例から学ぶ!現場対応力UPセミナー(1)

    総務人事の畝(ウネ)です。

    毎月発行する社内報(リフレッシュ通信)でご登場いただく、BMC web 学院、学院長の加茂先生のコラムです。とても面白いので、先生の許可を頂き、当社を通じて発信させて頂きます。

    初回は、~第1回~ガッチガチの最強肩こり出現! です。お楽しみください。

     

     

    gakuincho.jpg

    メディカル・トレーナーや整体師、ボディセラピスト、エステティシャンを養成するBMC web学院の加茂久郎です。

     

     

    今月からこの誌面の一角をお借りして、私が出会った「手ごわい」お客さまに四苦八苦したカッコ悪い話を紹介してゆきます。私としてはとても恥ずかしいのですが、同じように癒しを提供する若いみなさんのせめてもの参考になれば幸いです。

    *  *  *  *  *  *

    私が出会った肩こりの中でもっとも手ごわかったのは60代半ばの女性の肩でした。

    職業はパソコンのオペレータ。腕は挙がらないし、強度の猫背でもありました。ご自分でも「このままではまずい」と思われて整形外科を受診なさったのですが「君の背中は絶対に治らん!だから肩もよくならん」と院長から怒鳴るように言われて背中をバンバン叩かれたそうです。

    あまりの仕打ちに「絶対に治したい」と奮起なさって、ツテを頼りに私のケアスタジオにお見えになりました。経緯をうかがった私は「私が必ずなんとかしよう」と意気込みました。

    施術は必死でした。背中も肩もまるで鋼鉄のように凝り固まっていました。あまりの筋肉の硬さに指先や腕に力が入ります。丸まった背中と肩こりは連動していますから、まず背中をほぐしてから肩をもんで、でも肩がなかなかほぐれないので、また背中をもんで肩をほぐしてと何度も繰り返しますが、一向にほぐれる気配がありません。焦りを感じてきました。時計を見ると施術開始から半時間。

    こういうときのセラピストの気持ちって、お客さまに伝わるものです。「やっぱり無理ですよね私の肩・・・」あきらめたようなお客さまの声がしました。

    「いえ大丈夫です!すべては筋肉のこわばりが原因です。こわばりは筋肉の疲労によるものですから、その疲労を取り除けばどんなコリやこわばりも解決します」。そう説明しながら自分の施術の間違いにはたと気がつきました。私は一から施術をやり直すことにしました。残り時間は30分。一定の成果を残すにはまだ余裕があります。

    ***つづく***

    学院に興味を持った方は ⇒ BMC web 学院 公式サイト

    ~第1回~ガッチガチの最強肩こり出現!
    お付き合いのある整体スクール、BMCweb学院http://bmc-web-gakuin.jp/# の加茂(がもう)先生に、このたびコラムをお願いしました。
    「手ごわいお客様にもっと満足を」。
    加茂先生が施術者として実際に経験されたことをベースにお話してもらいます。みなさんが共感するような内容がたくさんあると思いますので、どうぞご期待ください!
    メディカル・トレーナーや整体師、ボディセラピスト、エステティシャンを養成するBMC web学院の加茂久郎です。
    今月からこの誌面の一角をお借りして、私が出会った「手ごわい」お客さまに四苦八苦したカッコ悪い話を紹介してゆきます。私としてはとても恥ずかしいのですが、同じように癒しを提供する若いみなさんのせめてもの参考になれば幸いです。
    *  *  *  *  *  *
    私が出会った肩こりの中でもっとも手ごわかったのは60代半ばの女性の肩でした。
    職業はパソコンのオペレータ。腕は挙がらないし、強度の猫背でもありました。ご自分でも「このままではまずい」と思われて整形外科を受診なさったのですが「君の背中は絶対に治らん!だから肩もよくならん」と院長から怒鳴るように言われて背中をバンバン叩かれたそうです。
    あまりの仕打ちに「絶対に治したい」と奮起なさって、ツテを頼りに私のケアスタジオにお見えになりました。経緯をうかがった私は「私が必ずなんとかしよう」と意気込みました。
    施術は必死でした。背中も肩もまるで鋼鉄のように凝り固まっていました。あまりの筋肉の硬さに指先や腕に力が入ります。丸まった背中と肩こりは連動していますから、まず背中をほぐしてから肩をもんで、でも肩がなかなかほぐれないので、また背中をもんで肩をほぐしてと何度も繰り返しますが、一向にほぐれる気配がありません。焦りを感じてきました。時計を見ると施術開始から半時間。
    こういうときのセラピストの気持ちって、お客さまに伝わるものです。「やっぱり無理ですよね私の肩・・・」あきらめたようなお客さまの声がしました。
    「いえ大丈夫です!すべては筋肉のこわばりが原因です。こわばりは筋肉の疲労によるものですから、その疲労を取り除けばどんなコリやこわばりも解決します」。そう説明しながら自分の施術の間違いにはたと気がつきました。私は一から施術をやり直すことにしました。残り時間は30分。一定の成果を残すにはまだ余裕があります。
    ***つづく***

     

     

    お客様満足度向上へ戻るHOMEへ戻る

    マッサージ求人 リフレッシュセンター公式ブログ お問い合わせ

    些細な事でもお気軽にお問い合わせください。メールでのお問い合わせは24時間受け付けしております。

    マッサージ求人 リフレッシュセンター公式ブログ 導入店舗をお探しの企業様へ マッサージ求人 リフレッシュセンター公式ブログ お客様ご意見窓口

    HOME >お客様満足度向上> 事例から学ぶ!現場対応力UPセミナー(1)